肥満と糖尿病の関係性とは?

糖尿病は肥満と大きく関係しているってホント?肥満の人は糖尿病にかかりやすい? - 肥満と糖尿病の関係性とは?

肥満と糖尿病の関係性とは?

肥満と糖尿病の関係は大いにあります。現代人は経済的に食べ物に困ることはあったとしても、過食をしやすい環境にあると言えます。また運動不足も指摘されることから、肥満の問題に直面している人も多いです。肥満糖尿病について知っておきましょう。

肥満と糖尿病の関係

太っている人すべてが糖尿病になるわけではありませんが、肥満な人はなりやすい傾向にあります。肥満になると膵臓から出されるインスリンの血糖降下が落ちることになり、さらに量を増やすように膵臓が頑張ります。この時点で高インスリン血症になります。そうするとインスリンの感受性が落ちてしまい、膵臓が非常事態と感じますますインスリンを増加します。頑張り過ぎた膵臓はいずれパンクをしていまい、インスリンを分泌できなくなり、糖尿病の発症または重症化を招くことになると考えられています。

肥満の正しい定義

tjdjd
単純に太っている人が肥満であると定義付けることがないようにしてください。自身がやせ型であると自覚している人であっても肥満である可能性があります。肥満の正しい定義としてBMIが挙げられます。BMI25以上になると肥満と定義付けることができます。最近の体重計や健康診断の結果でも、自分のBMIの値を知ることができますので、参考にして自分の肥満状態を知っておきましょう。

この値を超えるようなことがあると、肥満糖尿病になるリスクが高まることになります。現在なにもない状態であったとしても、今のままの生活を送っていけば、どこかしらで糖尿病の気があると診断される可能性が高まるでしょう。

治療の原点は痩せること

肥満糖尿病に関心を持った時、すぐに薬を求めるのはあまり歓迎されるべき治療ではありません。まず原点は体重を減らすことになります。すぐに数キロ落とすのは辛いですので、計画を立てて体重を落とすようにしましょう。日本人は3キロ落とすだけでも、インスリンの感受性が高まり、血糖値もコントロールしやすくなると言われています。BMIをチェックして肥満であると定義された場合、まずここから始めるようにしましょう。

また痩せるときに欠かせない要因として運動が挙げられます。ただ肥満状態の人が運動を取り入れると、問題が起こることも多いです。膝や腰に負担が掛かってしまったり、体重増加のために筋肉や筋を痛めてしまうこともあります。メディカルチェックも必要になることを念頭に入れて、専門家の意見を取り入れるようにしましょう。

食事に意識を傾ける

摂取カロリー制限に意識を傾けるようにしましょう。消費カロリーが上回れば、それだけで痩せることに貢献する体になります。なかなか痩せないときもあり、効果が出ないことであきらめてしまう人も多いのが食事制限です。効果が出ない場合は、教育入院も取り入れると効果的な食事制限ができるようになります。とにかく肥満の原因となる食事に対して、意識を傾けて体重を減らすようにしてください。

基本は食事制限と運動

この2つのポイントは肥満糖尿病の改善に効果的になります。基本中の基本になりますので、ここだけはしっかり押さえるようにしてください。長期的な目でみて、体重を落とす工夫をすると、効果も出やすくあきらめることも少なくなります。

肥満自体が身体に悪影響

肥満は糖尿病の原因になるだけではなく、他の病気にも繋がります。動脈硬化から高脂血症、そこからくる心臓病や脳卒中など挙げればきりがありません。怖い病気を引き起こす引き金になると考えるようにしてください。

糖尿病の基礎

糖尿病による危険な合併症 http://tou10.com/

Copyright(C)2016 肥満と糖尿病の関係性とは? All Rights Reserved.